じく

I
じく【地句】
連歌・俳諧で, 目立つところがない平凡な句。 地の句。 地発句。

「中品にして多くは~なり/三冊子」

II
じく【字句】
文字と語句。

「~の解釈」

III
じく【慈救】
「慈救呪(ジクジユ)」の略。
IV
じく【磁区】
鉄・コバルトなど強磁性体の結晶の内部で, 原子の磁気モーメントの向きのそろった小区域。 磁化されていない強磁性体においては, 磁区相互の磁気モーメントの向きはばらばらで, 全体として磁気が打ち消されているが, 磁場を加えると, 磁区の大きさや向きが変化して磁性をもつようになり, 最終的には一定の向きにそろって永久磁石になる。
V
じく【舳】
船首。 へさき。
VI
じく【軸】
※一※ (名)
広く回転運動の中心, あるいは物事のかなめをいう。
(1)車の左右二つの車輪をつなぐ棒。 車の心棒。 車軸。
(2)巻物や掛物の心(シン)にする丸い棒。
(3)(2)から転じて〕
巻物。 掛物。

「床の間に~を掛ける」

(4)筆・ペン・マッチなどの手で持つ部分。 また, 草の茎の部分。
(5)回転するものの中心。

「右足を~に二回転する」

(6)活動の中心となる物や人。 物事の中心。

「チームの~として活躍する」

(7)〔数〕
〔axis〕
(ア)ある図形が一つの直線に対して他の図形や自分自身に重なったり, また回転して立体図形ができるとき, その直線をいう。 対称軸。 回転軸。 (イ)座標の基準となる直線。 座標軸。
(8)〔物〕 回転体の回転運動の中心線。 独楽(コマ)の軸や地軸など。 回転軸。
(9)機械の回転運動の中心となる棒。 伝導軸など。
※二※ (接尾)
助数詞。 巻物・掛軸などを数えるのに用いる。

Japanese explanatory dictionaries. 2013.

Look at other dictionaries:

  • しぐ — しぐ【至愚】 きわめて愚かである・こと(さま)。 「~なる者も甚だ少なく, 至智なる者も甚だ稀なり/文明論之概略(諭吉)」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • しく — I しく (動カ下二) ⇒ しける(時化) II しく【四句】 〔仏〕 偈(ゲ)。 多く八言四句なのでいう。 III しく【四苦】 〔仏〕 人生の四つの苦しみ。 生・老・病・死をいう。 「~八苦」 IV しく【四衢】 四方に通じている道。 よつつじ。 V しく【如く・若く・及く】 …   Japanese explanatory dictionaries

  • しく — [ref dict= Unihan (Ch En) ]儭[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]如[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]尃[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]布[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]摛[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]敷[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En)… …   Japanese(Kun) Index for Unihan

  • じく — [ref dict= Unihan (Ch En) ]妯[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]忸[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]恧[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]朒[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]柚[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]碡[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En)… …   Japanese(On) Index for Unihan

  • しくかつよう — しくかつよう【シク活用】 文語形容詞の活用形式の一。 語尾が「しく・しく・し・しき・しけれ・○」と活用するもの。 これに補助活用のカリ活用を加えて, 「しく(しから)・しく(しかり)・し・しき(しかる)・しけれ・しかれ」というようにもする。 「正し」「恋し」「をかし」などの語がこれに属する。 この活用に属する形容詞には情意的意味を持つものが多い。 〔学校文法では, シク活用の語を, 右のように, 「し」以下を語尾とし, それ以外を語幹とするのが一般である。 しかし,… …   Japanese explanatory dictionaries

  • ぐしぐし — (副) (1)紙などが, しわくちゃになるさま。 くしゃくしゃ。 「手柄しさうに見えけれども, ~となりけるは/浄瑠璃・出世景清」 (2)ぶつぶつ不平がましくいうさま。 「わけもないこと~いつて残らずかへす/黄表紙・金生木」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • くじく — くじく【挫く】 ※一※ (動カ五[四]) (1)関節を不自然に曲げて, 関節やその周辺の組織を傷つける。 捻挫(ネンザ)する。 「転んで足を~・く」 (2)勢いを衰えさせる。 押さえつける。 弱める。 「出端(デバナ)を~・く」「強きを~・き, 弱きを助ける」 (3)折ったり曲げたりして傷をつける。 「其の腰を踏み~・きて殺しつ/日本書紀(垂仁)」 〔「くじける」に対する他動詞〕 ※二※ (動カ下二) ⇒ くじける …   Japanese explanatory dictionaries

  • ぐじぐじ — (副) (多く「と」を伴って) (1)言葉がはっきりしないさま。 ぶつぶつ。 「~言うな」 (2)のろまなさま。 ぐずぐず。 「こんなに~としてゐて/歌舞伎・名歌徳」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • しくむ — しくむ【仕組む】 〔「しぐむ」とも〕 (1)工夫して組み立てる。 「箱の中に人形を~・んである」 (2)計画する。 くわだてる。 もくろむ。 「うまく~・まれた事件だ」「かならず笑ふなと上する女房どもにもよく~・みて/浮世草子・好色盛衰記 3」 (3)小説や劇などの筋を組み立てる。 「よく芝居に~・まれる題材」 (4)仲間になる。 「三人~・ンデ商イヲスル/ヘボン」 ‖可能‖ しくめる …   Japanese explanatory dictionaries

  • くしくも — くしくも【奇しくも】 〔形容詞「奇(ク)し」の連用形「くしく」に助詞「も」が付いた語〕 不思議にも。 「~一命をとりとめる」「~同時に発見する」 …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

We are using cookies for the best presentation of our site. Continuing to use this site, you agree with this.